EnsekiTT Blog

EnsekiTTが書くブログです。

Pythonで定期的にスクリーンショットを撮る話

スポンサーリンク

こんにちは、えんせきです。
スクショマニュアルを作っているといつもぼくはこのままで良いんだろうか!って気分になりますね。

つまりなにしたの?

今日はまさかのスクショマニュアル芸人になったので、Pythonで数秒おきにスクショを撮るようにしました。
f:id:ensekitt:20180117023625j:plain

インストール

UbuntuLinux)の場合

sudo apt install python-xlib scrot
pip install Xlib
pip install pyautogui

MacOSの場合

pip install pyobjc-core
pip install pyobjc-framework-Quartz
pip install image
pip install pyautogui

スクリーンショットの撮影

import pyautogui
import time
for i in range(10):
    s = pyautogui.screenshot()
    s.save('filename_{0:04d}.png'.format(i))
    time.sleep(3)

s.show()とかってやればimage magicとかプレビューが開いてフルスクリーン分のスクリーンショットが開く
ちなみに、MacOSだとカーソルは映らなかった。

Excelスクショ芸人になった皆様へ

5秒おきとかでスクショを撮る。適当に作業する。いらないやつを削除する。はかどった。
間隔短くして変化があったらスクショ撮るとかにしても良かったかもしれない。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
この 作品 は クリエイティブ・コモンズ 表示 4.0 国際 ライセンスの下に提供されています。