EnsekiTT Blog

EnsekiTTが書くブログです。

QStlink2のインストール

Mountain Lion に QStlink2を入れようと思ったら詰まったところをまとめてみる

QStlink2とは?

マルチプラットフォームのST-Link V2 クライアントです.僕はSTM32F4Discoveryにbinファイルを書き込むために用意しました.

必要なもの(不要なものも含むかもしれないし,足りないかもしれない) Homebrew (Macportsでもいいはず) xCode: Command Line Toolsが主に必要 libusb: USBを扱うためのライブラリ Qt5.1: GUI部分をやってくれてる automake: ビルドを楽にやってくれるツール #たぶんいらない^q^ git: バージョン管理ツール

Qt5.1のインストール =>http://qt-project.org/downloads よきに計らうとインストールできる

CUIでやること(Homebrew ユーザなので)

$ brew install libusb automake git qt #インストール済のものは特に必要ない
$ cd ~/Download
$ git clone https://github.com/mobyfab/QStlink2.git
$ cd QStlink2
$ qmake
$ make all

スクリーンショット 2013-08-30 12.33.31こんなのが出来上がるはず

これをApplicationsにコピーすると普通のアプリのように使える.

書き込みとかビルドについてはまた別にやります.

広告を非表示にする