読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EnsekiTT Blog

EnsekiTTが書くブログです。

RでCSVファイルを使う

ファイルの読み込み

myMat <- matrix()

myMat <- matrix(scan("~/ファイル名.csv", sep=',', n=45000),ncol = 5000,nrow = 9,byrow=T)

まず、行列を用意して、それに放り込む形。

scan()について “~/ファイル名” はファイル名 sep = セパレータCSVの場合は"," n = は読み込むデータ数

matrix()について nrow = 5000 行数 ncol = 9 列数 byrow = Tは行方向優先になる。(計算効率のためか?)

ファイルの書き込み

write()という関数を用いる write(x=myMat ,file="~/ファイル名.csv", sep="," , ncolumns = 45000, append=FALSE)

x= データ名 file= 出力先のファイル名 sep= セパレータ(CSVの場合は",") ncolumns = データ数 append = 既存のファイルに追記するかどうか。TRUEで追記する。

オプションはもっとあるけどCSVは概ねこれで扱える…はず!