読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EnsekiTT Blog

EnsekiTTが書くブログです。

MacPortsを使うための覚書

完全に自分用の記事。

Mac 使いになって Mac Portsをよく使う。毎回ググッちゃうのもアレなのでここに覚書として取っておく。

Xcodeをインストールディスクからインストールしておく必要がある。

MacPortsのインストール MacPortsバイナリは、http://svn.macosforge.org/repository/macpo からDLできる。OSXのバージョンに合ったdmgを落としてくるのが楽

環境変数の追加

MacPortsは、MacPorts地震を含めたファイルをすべて/opt/local以下にインストールするので、シェルの環境変数を以下のように設定しておく必要がある。

$ export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH
$ export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH

MacPortsのアップデート MacPortsを最新の状態にアップデートする

$ sudo port -d selfupdate

インストールできるソフトウェア一覧を更新する

$ sudo port -d sync

ソフトウェア一覧の更新

$ sudo port sync

これはたまにやらないとソフトウェア一覧が古いままになってしまう

・ソフトウェアの検索 利用したいソフトウェアがMacPortsを使ってインストールできるのか調べる

$ port search [検索ワード]

検索ワードにソフトウェア名などを代入して検索する

・ソフトウェアのインストール インストールする

$ sudo port install [ソフトウェア名]

ソフトウェア名を代入してインストールする

・variantsの表示 variantsはインストールするときにソフトウェアの追加機能を選択できるようになっている

$ port variants [ソフトウェア名]

ソフトウェア名を代入して選択機能を調べることができる

$ sudo port install [ソフトウェア名] +[追加機能名] +[他にもあれば追加機能名]

+をつけて追加機能名を入れれば追加機能を入れてくれる。

注意:varinantsを変えて同じソフトウェアをインストールすると、別々に扱われてもとにあるものと衝突する。先にアンインストールするか、deactivateにしておく。

・ソフトウェアのアップグレード アップグレードする

$ sudo port upgrade [ソフトウェア名]

・ソフトウェアのアンインストール アンインストールする

$ sudo port uninstall [ソフトウェア名]

・アクティブ化と非アクティブ化 ソフトウェアを削除せずに一時的に無効にする。異なるvariantsを指定したあるソフトの複数のバイナリを切り替えて試したい時などに便利。 非アクティブ化

$ sudo port deactivate [ソフトウェア名]

アクティブ化

$ sudo port activate [ソフトウェア名]

・インストール済みのソフトウェアの表示

$ port installed

インストール済みのソフトウェアをすべてアップグレードしたいとき

$ sudo port upgrade installed

・アップグレード可能なソフトウェアの表示

$ port outdated

参考文献 MacPortsでステキなUNIXツールをインストール http://d.hatena.ne.jp/hakobe932/20061208/1165646618

にほんブログ村 大学生日記ブログ 理系大学生へ にほんブログ村