EnsekiTT Blog

EnsekiTTが書くブログです。

P2Pネットワークプログラミング

P2Pネットワークを実装したネットワークプログラムを作成する。
開始時刻 2010/7/10 0:59
開発環境 Windows7 それ以外未定。チュートリアルがあればそれに準拠 OS変更だって厭わない。
開発用BGM JAZZRADIO.com - Cool Jazz Chilled sounds from the West Coast including Brubeck, Davis, & Konitz.

今日の目標 開発環境の整備

1 Hello,JXTA!!
https://jxta.dev.java.net/

You can use JXTA™ technology to create peer-to-peer (P2P) applications based on Java technology.
って書いてあるから多分なんとかなるんだろう。。。

JAVAはずいぶん忘れてるのでチュートリアル的なことだけ出来れば御の字

jxta-guideでチュートリアル出来るようなので試してみる。

資料
1, https://jxta-guide.dev.java.net/source/browse/checkout/jxta-guide/trunk/src/guide_v2.5/JXSE_ProgGuide_v2.5.pdf

2 Download and Install
JXSE_ProgGuide_v2.5 P30を参考にバイナリのダウンロードとインストールを行う。

Companion Tutorial 2.5 Programsのダウンロードがどうにもうまく行かない...なんでだろう
ダウンロード先>https://jxta-guide.dev.java.net/

ブラウザを普段使ってるSleipnirからFirefoxに変えたらうまく行った。はぁ・・・でも普段使うブラウザを変えるつもりはないっ!

続いてJXTA source codeのダウンロードを行う。これもSleipnirだと読み込めなかった。。。Firefoxには変えない・・・
ダウンロード先>https://jxta-jxse.dev.java.net/

ダウンロードしたものをそのまま使うとコマンドラインでは名前が冗長で見難かったのでdoc,lib,src,tutorialsに変更した。

c:>javac -classpath .\lib\jxta.jar IDTurorial.java
と資料通りにコンパイル
続いて
c:>java -classpath .\lib\jaxta.jar;.\lib\bcprov-jdk14.jar;. IDTutorial
と実行。

はい、動きません。なんで・・・?

フォルダの移動はしちゃいけなかったみたいです。

さらにチュートリアルのフォルダ名はtutorialだそうで。

再度実行。でも、やっぱりクラスが見つからないとのことです。

もう、めんどくさいので開発環境としてeclipseを導入。クラス間の関係を可視化します。

新規→Javaプロジェクト→プロジェクト名[JXTA]→ライブラリタブからlibの中の.jarを全部読み込む。→完了

ワークスペースから、JXTAの中のsrcにtutorialパッケージを作成。

tutorialパッケージにIDTutorial.javaを読み込む。

実行!



An infrastucture PeerGroupID: urn:jxta:uuid-17917DF72206441DAC78B4EA1CF
PeerID with the above infra ID encoding: urn:jxta:uuid-17917DF72206441DAC78B4EA1CF

PipeID with the default defaultNetPeerGroupID encoding: urn:jxta:uuid-59616261646162614E504720503


New PeerID created : urn:jxta:uuid-59616261646162614E504720503

New PipeID created : urn:jxta:uuid-59616261646162614E504720503
New PeerGroupID created : urn:jxta:uuid-CB2CA76D271D4F1C88A1ECB029F


実行出来ました!(一部伏字

とりあえず今日はここまで~寝よう。

一昨日の夕日が綺麗すぎていろんなモチベーションが上がってる。

広告を非表示にする