読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

EnsekiTT Blog

EnsekiTTが書くブログです。

とある魔術の禁書目録

現実世界の科学サイドで育ちました。



とある魔術の禁書目録 ~って名前(魔術だとか)で食わず嫌いしていたら、



なんとまあ舞台は学園都市!



魔法が常識のファンタジー世界は苦手だが、



魔法が信じられていない世界で別段万能ってわけでもない魔法がちょいちょい出てくるのは大好きだ。




これがあればなんでもできる。



これがあれば無敵。



これがあれば大円団。



Deus ex machina







んなもんあってたまるか!



ドラえもんのび太の魔界大冒険でのび太は魔法の使える世界を望み、



ドラえもんもしもボックスを使ってその願いを叶えました。



しかし、その世界では学校の授業で魔法を習い、ある程度の鍛錬と高価な魔法道具(現在の家電のようなもの)を買わなければ現代の通常生活すら送れないような世界だった。



小さい頃は「あー、やっぱ魔法って言ってもなんでもできるわけじゃないんだなぁ・・・」とか若干残念な気分になったけど今となっては「あはは、そりゃそうだ!」と思えるようになった。



ドラえもんの道具はまるで魔法のようだ。

20世紀の常識から200年。

人の努力が生んだ結晶が魔法のように見えるなら現代の電子レンジが魔法だっていいじゃないか。



久しぶりにドラえもんとある魔術の禁書目録を読んで思った。



勉強・・・したくねぇ・・・